ライトタックルでキスを釣る、この楽しさを伝えたい。ブログの閲覧ありがとうございます。 

11月のキス釣り第11弾(境水道)

今朝の天気は、南の風晴れで気温は4度と冷え込みました。
海は凪ですが、境水道に向けて出発。
9時頃、日向浦に到着すると、緩やかな下げ潮です。
投げてみると、たまにあたりがありますが、小さいチャリコが邪魔をします。
昼前になると、上げ潮の流れが速くなったので、キス7匹釣ったところで森山に移動しました。
森山は、緩やかな上げ潮で、近くは流れがありません。
投げて、天秤が流されるままにして、止まってしばらくするとあたりがあります。
ぽつりぽつりと釣って、2時半に納竿。
釣果は、16~23センチのキスが18匹(今年累計1,703匹)20センチオーバーは7匹(今年累計201匹)でした。
PICT0001_20171117174641b61.jpg
エサの青虫は、200円分ですが、これだけ釣れたらとても満足ですね。

四方山話(第6話)大鯉釣り

今朝は冷え込み、大山は雪で白くなっていました。
PICT0002_20171116200637971.jpg
今日は、友人の所へキスを配って回りましが、「最近は何をしとんなるかなー」と聞かれ、「年中キス釣りだー」と答えると「昔は鯉釣りだったなー」
そういえば、船からの釣りを止めた後、キス釣りと鯉釣りをすることが多かったことを思い出します。
鯉釣りは、数日かけて鯉の泡が出るところや跳ねるところを見て回ります。
場所を決めたら、寄せ餌を投入、翌日から同じポイントを攻め続けます。
竿は、磯竿3号-4.5m、リールは、2500番のスピニングリール、道糸はナイロン4号、ヘラウキ、丸い中通し錘2号、ハリス3号チヌ針4号2本針仕掛け、エサは武蔵とサツマグルテンでした。
玉網は枠が60センチ、長さは3mを使用。
仕掛けは、吸い込みとか片ずらし2本針が主流ですが、ハリスの長さを同じにして8の字結びを作り、サルカンに接続。
ピンポン玉くらいのエサ一つに2本の針先を外に向けて埋め込みます。
エサは小さいと鮒が先に掛かってしまいます。
後は、同じポイントに投入し、ウキが浮くとまたエサを付けます。
ウキは縦に動く時は鮒で、鯉は横に走るので、ひと呼吸おいて合わせ、走りが止まったら、緩めにしていたドラグを調整。
ゆっくりと引き寄せてきますが、水面から頭が浮きあがるまでは、玉網は入れてはだめです。
すくいあげた後は、濡れタオルで目隠しをするとおとなしくなるので、それから針を外します。
鯉は集団で泳いでいるので、竿は一本で十分です。
大きな鯉が30匹釣れた時点で、その年の鯉釣りは終了にしていましたが、1年だけ、どれくらい釣れるのか試してみたところ、
年間60匹でその内最大は98センチ、93センチが2匹、80センチクラスが20匹でした。
東郷池では、1メートル30センチを超える鯉を釣った人もいます。
聞いた場所近くには、草魚がいるので確かめたところ、草魚ではなかったとのことでした。
親戚のおじさんも1メートルを超える鯉は、何度も見たと言っています。
また、私の釣った鯉を家内の実家の池に放したところ、現在は1メートルを超えています。
大鯉は、たくさんいると思いますが、鯉ヘルペスが話題になってから、誰も鯉が欲しいと言わなくなりました。
しばらくは、釣って放流を繰り返していましたが、鯉釣りから離れてしまいましたね。
舎人川で釣った80センチクラスの色鯉数匹は、藤津のあやめ池に放流。
黄金の鯉は、家内の実家の池に放しましたが、亡くなりました。
98センチの鯉は、あげた人が鳥取の個人の池に放流されたそうです。
鯉の食べごろサイズは、40センチくらいがちょうどいいように思います。
料理も色々ありますが、私は、捌いて、サイコロ状にしたものを氷水で洗い、水気を切ったものに塩コショウし、片栗粉をまぶして、から揚げにしたものが大好きです。

四方山話(第5話)キスの数釣り

「釣りキチ三平」の中にムツゴロウの一日1,000匹掛けの話が出てきます。
実話かどうか分かりませんが、キスの数釣りでは、以前一日1,000匹釣ったという話を聞いたことがあります。
それも、一人ではなく、県内で4人も釣った人がおられたそうですね。
話を聞いた数日後、潮通しのいいその場所に、キス釣りが一人見えました。
足元には、クーラーではなく、トロ箱を置き、軽い天秤に5本針仕掛け、ちょい投げするとすぐ5匹、次も5匹、その次も5匹。
また、手返しが早いので、あっと言う間に相当な数を釣りあげておられ、関心しました。

私はある時、職場の今は亡き先輩に、「キスを一日150匹釣った」と場所を教えてあげたら、翌日「200匹釣ったでー」。
本当に嬉しそうに話をする先輩を思い出します。
どれだけ釣れるだろうと翌日、もう一度同じ場所に行ってみることにしました。
ジェット天秤の8号、競技用湘南キス6号3本針仕掛けのちょい投げです。
投げるとすぐ次々とあたりがありますが、3匹掛けてからあげるようにしました。
後ろから、地元のおじさんが、釣り方を「ああするだーこうするだー」と言われます。
その後も3匹、次も3匹釣りあげると、さすがにおじさんも黙りましたね。
昼になったら一旦自宅に帰り、午後もまた同じように夕方まで釣りました。
その結果、釣りあげたキスは、250数匹でした。
しかし、相当な疲れ、魚は弱るし、後の捌きが夜中までかかり、たくさん釣れてもいいことはありませんでした。
それから、キスの数釣りは封印にしています。
今は、釣る数は少ないのですが、感動は何倍もあるように思います。

11月のキス釣り第10弾(境水道)

今日は釣行できないと思っていましたが、用事が思ったより早く済みんだので、キス釣りに出かけました。
天気は、南西の風晴れで、気温は14度でした。
潮は中潮で満潮は12時44分。
10時半頃、境水道に行くと、緩やかな上げ潮はいいのですが、西風が強すぎます。
天秤は風に流され、あたりが分からず、風は冷たいですね。
20センチオーバーのキスが釣れましたが、風を避けるため森山に行きました。
やはり、森山も風が強く、潮の流れもありません。
たまに1匹釣れますが、後が続かないですね。
2時半には諦めて納竿。
釣果は15~22センチのキスが7匹(今年累計1,685匹)20センチオーバーは2匹(今年累計194匹)でした。
PICT0001_20171115164722acd.jpg
釣れた数は少ないのですが、悪条件のことを考えるとよく釣れた方だと思います。

11月のキス釣り第9弾(境水道)

昨日、農作業を終えて落ち着いたので、今日はキス釣りに出かけました。
今朝の天気は、南西の風雨で、気温は15度。
潮は、若潮で満潮は11時33分、境水道森山の入道礁の上げ潮の流れが最強は9時30分、下げ潮に転流するのは13時です。
10時頃、森山に到着すると、風が冷たいのですが、雨は降っていません。
緩やかな上げ潮ですが、近くは下げ潮なので、その潮目に投入。
最初はチャリコばかりでしたが、しばらくすると、良型のキスが釣れ出しました。
キス1匹を大物に取られた後、カレイが釣れました。
PICT0001_2017111417442424f.jpg
昼頃になると、ピタリとあたりが止まり、移動してもあたりがありません。
潮が変わるのを待っていると下げ潮になって、2時頃よりまたキスが釣れ出しました。
まだまだあたりがありましたが、2時半に納竿。
釣果は、15~22センチのキスが19匹(今年累計1,678匹)20センチオーバーは4匹(今年累計192匹)とチャリコでした。
PICT0002_20171114174942692.jpg
タックルは、キャスティズムT20-365、スーパーエアロサーフリーダーCI4+17(PE0.8号)、力糸(PE1.5号)、ライトショット立つ天秤スマッシュ15号、キスR9号2本針仕掛け、エサは青虫(300円分)でした。
今日は、釣れ出すまで辛抱したのが、いい釣果につながりましたね。
プロフィール

つれたか

Author:つれたか
大病から奇跡の生還、釣りをして、楽しい日々を送っています。

ブログランキング
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
カレンダー       2005/3~
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
楽天ショッピング
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯QRコード
QR
FC2カウンター
天気予報
潮汐表