ライトタックルでキスを釣る、この楽しさを伝えたい。ブログの閲覧ありがとうございます。 

天秤自作

先日、Mさんから教えて頂いた天秤を早速自作してみました。
PICT0002_201603061617273ec.jpg
左が遊動天秤で、1mmのステンレス線とWリングはホームセンターで購入。
市販の物より、リングが大きいので、あたりがスムースに伝わります。
右はおたふく錘を使った立つ天秤で、無理に寝かせていますが、少し動かすとすぐ立ち上がります。
市販の物より平べったいので安定性があり、流されにくいですね。
アームの連結が錘側になることで、以前に作ったラムダ型より安定するようです。
錘が軽すぎると、安定しないかも知れないので、25号にしましたが、これは流れの速い時の境水道専用にしたいと思います。
アームが市販のものより長いので、3本針仕掛けも使えます。
重たい分浮き上がりが悪いのは仕方ないですね。
気が付くと、今年はまだ天秤は1個も購入していませんでした。
コメント
改良点
つれたかさん、天秤の太さは1ミリと細いので、投げたときに錘の負荷で仕掛け側が、開いてリングから鉛が抜けてしまうことが、多々あったので、15号以下の軽い錘ならいけますが、重い錘を使う時は、1ミリの太さの線を5~6㎝に切り中心から直角にL字に曲げ、天秤の交わる錘負荷が掛かる所にダブルスリーブを各2個付け上から熱収縮パイプで動かないようにして、補強すれば大丈夫です。少し手間を取りますが、錘だけ飛んで行き、横の釣り人に当たることは避けられます。過去3~4回あってヒヤッとしました。
2016/03/07(月) 08:31 | URL | 姫路のM #-[ 編集]
姫路のMさんへ
注意点の指摘ありがとうございます。
誰もいないところで、試験的に軽く投げて様子をみます。
2016/03/07(月) 15:57 | URL | つれたか #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

つれたか

Author:つれたか
大病から奇跡の生還、釣りをしていると、自然と元気が出てきます。

ブログランキング
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
カレンダー       2005/3~
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
楽天ショッピング
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯QRコード
QR
FC2カウンター
天気予報
潮汐表